まさかココに美肌の秘訣が!?

最近コマーシャルか何かでも、テレビ番組でもよく発行食品の見学とかやってるの、みるじゃない!?

いつも思うんだけど、どうしてああいう発酵食品のところで働いているパートの女性職員さん達は肌が綺麗なんだろうなぁと思っていました。

見るからに化粧作りではなく、下手をすればすっぴんでもないのかと思うほど美しい肌なのです。

そこに取材に行った発酵食品よりも、どうしてそれだけ肌の美しいのか、そっちのほうに焦点を置いてくれよと思うくらいです。

でもその時にうまくパスを出してくれるコメンテーターやタレント書いたらナイスだと思いますよね?

「奥さん、どうしてそんなに肌が綺麗のですか?」

とあるタレントがいった時に思わず「おぉ」と叫んでしまいました。

「私実は何もしていないんですよ」と答える始末。そんなの聞きたくない。

「でも、もし考えられるとするならば、やっぱり発酵食品をさわっているおかげかな」などと聞いたときに、

食べ物ではなく発酵食品そのものに影響があるのだと思いました。

ちょっと!!待って!ちょっと、待ってよと。

私もよく漬物いじっているのですが、よくよく考えてみて左手と右手を見比べてみます。

漬物をさわっている右手の方が明らかに左手よりも肌の調子が良く美しいのです。

もしかしたら自分で勝手に思っているだけかもしれませんが、ここで1つ基準が考えられるわけです。

発酵したもの商品はすべての点において肌に良い。これを基準にして化粧品なども選ぶとかなり良い効果を得るのでは無いかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

選ぶのではなく排除するものから考える

基準は肌年齢であるということは別に美容液だけでなく、洗顔、化粧水その他クリームなどもすべて同じようなことが言えるのです。

何も美容液だけに限ったことではないので、この点につき注意が必要です。

最初の洗顔フォームなんて若い時のようにクレア○シルのようなオイリーな肌にしっかり効果が出るようなものはいいかもしれませんが、

ある程度歳を重ねてくるとの商品を使うとパサパサになってしまいます。

元々顔に油分が非常に分泌されているときに、この商品で洗顔するのは良いと思いますが、

歳をとるとそれほど分泌量も多くないので、これにこだわらわなくてもいいと思います。

汚れを取るぐらいで十分ですので、全くその洗顔フォームの意味が違ってきます。

総合して考えても、基準はやっぱり肌年齢だと思います。

化粧水についても水をかければ弾け飛んでしまうほどの肌をもっている若い人なら、どんなものでもいいのかもしれませんが、歳をとると全てが吸収される肌になるので、この点を考えて化粧水をつかわなければいけません。

吸収されるということは、それだけ栄養分をふくんだものを使わなければいけないからです。

そしてその水分を吸収した肌にしっかりと保護されるように使うのが美容液であり、クリームなのですから、この選び方を間違えるとすぐに乾燥ししまうだけでなく、お肌のトラブルにもつながってしまうので、かなり伸張にならなければいけません。

パッチテストのように何かしら試すことができれば1番良いのですが、その肌に合うかあわないかをチェックするよりかは自分にとって合わない成分が含まれているものは排除する。

そういう作業していくのが大切だと思います、

 

、方にもしっかりと効果が出るようなものは

 

基準は商品の個性よりも肌年齢

今日は美容液のことについてしっかりと書いていきたいと思います。

美容液はどれもそれほど差がないように思いませんか?

なぜならば洗顔フォームでしっかりと洗い流し、化粧水をつけていき、それを作ったあと、美容液をぬるわけですが、どれをつかってもそれほど大差はない、そう考える人が多いでしょう。

専門家であれば、その違いやその内容についての細かい点を指摘することがあるかもしれませんが、素人にとって1番大切なのは自分の肌に合うかあわないかだけであって、難しいことは別に要求していないはずです。

でも1つだけ言える事は何かと言えば、年月ともに肌が衰えていくということと、今まであっていた化粧品が合わなくなってくるということです。

肌年齢ってこういうときにすごく重要で、それなのにほとんどの女性は、昔も今の同じエイジングケアコスメばかり塚手いる気がするんですよね。。。

肌年齢って考え方、すごく重要なので、ぜひエイジングケアを本気で取り組みたいっていう女性は、真剣に一度勉強してみると思わぬ発見があると思います。

ちなみに私は、このサイト『ウーマンズヘルス』っていうサイトなんですが、ここで肌年齢のことしっかりと勉強しましたよ!

運営元も一般社団法人なので、情報も正確だと思いますし、かなりお勧めです。

若い時に使っていた美容液が急に合わなくなったというような場合はお肌がもしかしたらオイリータイプから乾燥肌タイプ変わったかもしれません。

オイリータイプの人間はどうしてもオイルの少ないものを選んで処理しがちですが、乾燥肌になってきてオイリーでないのも選ぶとパサパサ感になってしまいます。

もちろん逆も同じことが言えますね。

そこで、基準としては自分の肌がしっくりいかない場合は化粧品を選ぶときに特に美容液をしっかりと選べばよいということ。

年に1回はチェックしておくのが良いと思います。

この化粧品を使っておけばもう大丈夫!

なんていうことありません。

美容液の見直しを測ってみるのもいいと思います。美しい肌でいたいですものね。

 

 

 

水こそいちばん。

良い商品は値段がしますよね、これはしかたがない。でも庶民としては安くて良い物を探さなければいけません。

この前テレビで見たのですがこれが意外といいのではないかと思ったのです。

それは天然水つまりその地元で取れる美しい水と、その地元で取れる柑橘類を混ぜ合わせただけの簡単な化粧水なのです。そんなんで効果があるのかなと思ったりしますが

何とそこに歩いているおばあさんがたは、その化粧水を使っているせいか肌がツルツルなんです。

 

他にもお酒を作っているところで麹等を取り扱っている女性の手は本当に美しいですよね。

それってわざわざ化粧水や化粧液をつかわなくても、天然の酵母が肌に直接作用して効果をあげているのでしょう。

日々の何気ないことが美しい肌へとかえてくれるのですから、こういった仕事につけばいいと単純に思うのではなく

もっともっと追求していけば今の私の肌でも十分取り返すことができるのだと自信を持ちました。

身近にあるものでしっかりと結果を出すことができる、だからこそ探さなければならないし、努力をしなければならない。

とくにそう感じます。

夫に何を言われようと子供に何言われようと、自分の美を磨くためにも

化粧水を開発するぞ、ぐらいの勢いが必要なのかもしれませんね。

まずは水にこだわってみました。

もちろん水道水ではなく購入できるミネラル水でもありません。

とことんまで水にこだわってみようと思ったのです。

体の細胞から美しくなるためには水が1番大事だと思うのです。

 

やっぱり良い商品は値段が高い

コマーシャルでよく中年の女性が使うような化粧品を宣伝していますが、あれって意外に客観的な基準に合っているのですよね。

残り1滴でも、耳かきで掬えるほどの量であったとしても最後まで使い切りたくなる、そんな化粧品としてCMでもやっていますが

そういったところの商品はやっぱり中年の女性にぴったりなんですよね。

ただ・・・ 問題は値段なんだよなあ~。いい素材であればやっぱり値段もそこそこしますしね。(かなり高い)

安いものでしっかりとした商品を探そうと思うと、どうしてもハードルを下げなければいけません。

そうなるとやはり客観的基準は非常に厳しくなってくるというか・・・ 100均でうまくごまかすわけにはいきませんね。

巷に美しい女性は大抵の方がやはりお金持ちの方が多いようで。

やっぱり使っている商品が良いからこそ肌も美しい、なんだか偏見のように感じますが実際そう思うのです。

現に芸能人の女優さんなど見てみるととても美しいですよね。あれだけアップに写っていても本当に美しいのですから恐れ入ります。

それなのにていれは何もしてないなんて・・・よく言えたものだなと思ったりしますが、実際のところ使っている商品がいいので、それほど手入れしなくてもいいのかもしれません。

やっぱり良い商品は手に入れないといけないのかもしれませんね。

いい洋服を選ぶよりかは、美味しいもの食べるよりかは、ちょっと高級な化粧品や化粧水、クリームなどを使わなければいけないなと

この年なると実感します。

 

 

早く見つけたいな。

化粧水選びの基準を探す

というプログで書きましたとおり、私は40代になって痛切に感じていることといえば、どれもが肌に合わなくなってきてるということでした。

化粧水が合わなくなってきているということは、はっきりいうとなんにもあわないことにつながります・・・グスン。

食べ物の好みが変わってきたのと同じで、化粧水も肌の好みにあわなくなってくるということですよね。それはCMで40 、 50代の女優が一生懸命化粧品を売っているのもよくわかるわ。

そこで私自身の肌に合う化粧水選びとして早急に対策を立てました。

まずはなんといっても、天然成分配合の化粧水。これがいちばんだといえます。

極端な話、昔よく使っていたヘチマでてきたヘチマ水などがよく合うような気がします。

やっぱり天然成分いうのがどの人の身体にも肌にも合うような気がするんですよね。

現代の化粧品のほとんどは化学物質が含まれているせいか、肌に合わないことが多く、歳をとってくるとそれがあわないということが如実に感じられるのです。

でも天然成分が含まれているものはやはり肌に合わないということがほとんどなく、どんな年代の方にもしっくりいくのが嬉しいですよね。

寝る前にしっかりと保湿して、朝起きた時にその潤いが保てていると本当に嬉しいです。

そういった化粧水をこれからも色々探しみたいなと思います。まだまだ自分に納得するものが見つかっていないのが心憎いところですけども。これからですね

 

 

化粧水選びの基準を探す

私に合う化粧品がどんどん減っていく~。特に化粧水に至っては壊滅的状況。うぅつらい。

もういやになっちゃう!

年って取りたくないですよね。

40過ぎるとお肌の曲がり角を通り越してしまっいい、逆にuターンして若くなるのでは無いかと思うぐらい歳をとると本当に辛いですよ。

化粧水すら自分の肌に合わなくなっちゃうのですから。

若い人たちをテレビなどで見てみると、水を頭からかぶってもその瞬間にその水が肌からはじけ飛んでいる姿を見ることがあります。

自分も昔はこんなんだったんだろうなと懐かしいと感じているのが本当に辛いです~。

やっぱり化粧水だけでなく化粧品すべて合わなくなってきているんだなと痛感しています。

でも嘆いてばかりいられません。

歳に逆らうわけにはいきませんから。

アンチエイジングを目指すとしても、やはり基礎化粧品として化粧水はとても大事です。

頑張らなくては。

クリームや美容液も然りで、しっかりとした基準で選ばなければ買って損をするということになります。

コマーシャルなどで使ってみて、すごくいいからといって自分も同じように効果が出ると思ったら大間違い!!

それが40なんだということに気づきました。

変わった化粧水や高い化粧水を使うことが大切なのではなく、自分の肌に合ったものを使う。これがいちばんなんですよね。

とにかく今は化粧水選びよりも化粧水を選ぶ基準を選ぶ。そんな感覚で探っているところです。

ひとつ気になるなっていうコスメも実は見つかってはいるんですが、現在悩み中。。。

ユーグレナっていう化粧品で、お肌のエイジングケアを目的とした専用のコスメセットなのですが、40代の女性にはすごく人気みたいなんです。

体験談を乗せているブログもあって、たとえばこちらのブログ、『ユーグレナ化粧品体験記|アラフォーママがミドリムシを試してみた!』っていうブログで、40代の女性がユーグレナ化粧品の体験談を報告してくれています。

 

このブログの管理人さんにはすごくぴったりだったみたい!

 

これなら私にもぴったりかも?しかも安いし!ってすごく期待しています。

 

これまで私が使っていた基礎化粧品って、自分には今合わなくなってきてるんだなと痛感しています。

そして、そんな事でなやんでちゃだめだなって少し勇気ももらいましたよ。