選ぶのではなく排除するものから考える

基準は肌年齢であるということは別に美容液だけでなく、洗顔、化粧水その他クリームなどもすべて同じようなことが言えるのです。

何も美容液だけに限ったことではないので、この点につき注意が必要です。

最初の洗顔フォームなんて若い時のようにクレア○シルのようなオイリーな肌にしっかり効果が出るようなものはいいかもしれませんが、

ある程度歳を重ねてくるとの商品を使うとパサパサになってしまいます。

元々顔に油分が非常に分泌されているときに、この商品で洗顔するのは良いと思いますが、

歳をとるとそれほど分泌量も多くないので、これにこだわらわなくてもいいと思います。

汚れを取るぐらいで十分ですので、全くその洗顔フォームの意味が違ってきます。

総合して考えても、基準はやっぱり肌年齢だと思います。

化粧水についても水をかければ弾け飛んでしまうほどの肌をもっている若い人なら、どんなものでもいいのかもしれませんが、歳をとると全てが吸収される肌になるので、この点を考えて化粧水をつかわなければいけません。

吸収されるということは、それだけ栄養分をふくんだものを使わなければいけないからです。

そしてその水分を吸収した肌にしっかりと保護されるように使うのが美容液であり、クリームなのですから、この選び方を間違えるとすぐに乾燥ししまうだけでなく、お肌のトラブルにもつながってしまうので、かなり伸張にならなければいけません。

パッチテストのように何かしら試すことができれば1番良いのですが、その肌に合うかあわないかをチェックするよりかは自分にとって合わない成分が含まれているものは排除する。

そういう作業していくのが大切だと思います、

 

、方にもしっかりと効果が出るようなものは